節税 法人化

個人で事業を始め、大きくなったら、
法人化することで、メリットがあるとされていますが、

一昔前では、

33万円/月超えで、法人化でメリット

と、言われていました。

法人化することで、

  • 法人税(赤字でも、約7万円必要)
  • 税理士での決算費用
  • 社会保険の加入

など、の必要最低限のお金がかかってきます。

私が、法人化した10年前は、
社会保険の加入は、今と同じく義務でしたが、
法人成りした場合は、国民健康保険・年金で、
大目に見てくれていましたが、

マイナンバーの導入により、強制的に加入を強いられます。
(義務なんで、当たり前なんですが)

 

社会保険加入

会社と個人で半分半分

と、聞こえは良いのですが、
うちのような小さな会社では、会社の利益=ほぼ自分の利益
なので、国保と比べると、2倍払っているような気分です。

今回、2回目の加入手続きの通知が来ていました。
去年の9月にも来ていましたが、
忙しかったか、なんかでスルーしましたが、

今回は、申請しました。

ただし、個人の役員報酬は、63000円にまで落としました。

63000円というのは、税率表の一番下層の税率。
うちも、業績が一時と比べると悪い。ということで、
税理士さんからも、OKをもらいました。

http://www.team-cells.jp/hyoujyun/hyoujyunhousyu.php

なので、社会保険・厚生年金は、折半で11000円。
会社負担をあわせて、22000円になります。

国保・国年で支払うより、1万円近く安くなりますが、
もらえる金額もそれ相応に・・・

でも、もらえるとは思っていませんが、
一応、義務ですので、入らないわけにも行きません。

 

実際に、30万円の役員報酬を得た場合、

  • 社会保険:14,865円
  • 厚生年金:27,273円

合わせて、42000円。
この金額は、折半なので、84000円が、毎月口座から引き落とされます。

なので、額面30万円でも、手取りは21.6万円となり、

特に、社員を雇うつもりのない法人化にとっては、
最大のデメリットと言えるでしょう。

累進課税なので、役員報酬が上がれば、支払いは増えます。

国家・国民のためと思って、払うのなら良いのですが、
節税という意味で、

今、無理して、法人化する意味は全くありません。

 

法人化のメリット

法人所得税が安くなるという、メリットもありますが、
個人では出来なかった

  • 自宅に家賃が払える
  • 社長でも、出張日当が払える

などが、

うちは、10年前に設立し、社会保険加入が大目に見られていたので、
法人化するメリットは大きかったのですが、

社会保険を最小限に押さえるため、
上記の用に、63000円にしておき、

法人でお金を貯めるのが、一番だと思います。

***

また、別の事業があるのであれば、
個人に当て、私服を肥やすのも1つです。

例えば、同業種は出来ないので、

  • 法人:インターネットビジネス
  • 個人:飲食店経営

この場合、社会保険は加入済みで、
飲食は、副業となるため、最小の社会保険料で、義務を果たせます。

きっと、こんな人が、わんさと増えるので、
そのうち、対策されてしまう可能性もありますが。

 

節税 法人化 まとめ

800万円/年ぐらいの利益があれば、要検討。

社会保険の加入が、強制となった今、
社員を雇うつもりがないのであれば、

個人のほうが、お得なので、法人化はちょっと待て!

節税 法人化