消費税 (売上が1000万円以下になった件)

大口の案件がなくなり、売上が1000万円を切りました。
2回目です。

ということで、
次回の決算では、消費税の納税義務が免除となるんですが、
その前に、ちょっとすったもんだがありました。

***

在庫金額に、消費税を足したため、修正申告

税務署からの指摘だったんですけどね。
税金返せばいいだけなのか?、

はたまた、

修正申告が必要なのか??

結果は、修正申告が必要ということで、

通常、修正申告には、当然ながら、決算と同じ金額の、税理士費用が発生します。
今回は、私のミスではなく、完全に税理士さんのミス。

もし請求が上がってきても、ゴネるつもりでしたが、
当然ながら、無請求でした。(流石です)

 

そして、5万円ばかりの返却をしに、税務署へ。

まあ、別にミスを責めることもありませんし、
ちゃんとリカバリーさえできれば、文句を言う必要はないで。

 

消費税納税義務 免除

さて、今年から、晴れて「消費税納税義務が免除」されるわけですが、
お客様には、しっかり消費税を請求させて頂きます!
(お国の定めで、良いとされています)

滅多に居ませんが、あえて1000万円以下の売上にして、
消費税を免除させ、節税する事業者も居るようですが、
物販をしていると、まず無理。

士業など、ほとんど利益の事業者にのみ、恩恵のある節税ですが、

この2年間、仕払いと売上に逆ざやが起きており、
消費税が還付される、という恐ろしい自体が発生しました。

思わぬ収入が発生し、喜んでいたのですが、
今年からは、そのぬか喜びも、起きません。

 

売上以上の仕入れなんてしたこともないのですが、
結局、いろいろな経費で支払っているお金を全部足すと、
超えちゃうんでしょうね?

まあ、本来は、売上を一生懸命上げることが、正しいんでしょうけども、

私、アリさんじゃなくて、キリギリスさんなんで(笑

消費税 (売上が1000万円以下になった件)